スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

スポラン感想戦 0626

大学の期末試験やスポランで更新が遅れてしまいました。
夏休みに入ったのでこれからはもうちょっと更新頻度上げていきます・・・たぶん。

今日のスポランはユイフィンネルのスモーラゴウに復讐されてブロックで負けてしまいました・・・
やはりラゴウに対しては常に2対2の布陣を崩さないように細心の注意が必要ですね。
とはいえこちらの戦い方云々以前にあの二人はやっぱり強かったです!
大宮さんよしきさんペアとも久しぶりにやれて楽しかったし(タイムアップでしたが)、今日は思い残すことは特にないですね。
来月はチーム編成もしっかり練って、優勝します!

では、スポラン動画の感想戦をやっていきます。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm15081470
対マスターZ戦 6:20~

開始20秒でZに寄られてしまってます。
大会だからもうちょっとゆっくりやってくるだろうと思ってたことが判断ミスでした。
マスターのほうにサーチを変えたときにZの予測位置がマスターの斜め左後ろだったんですが、挟み込みに前NDしてましたね。
ここからタイマンの流れになってしまい、黒本が落ちてしまいます。
前半の勝ちパターンとしては、6:40の右NDをしないで爆弾置いて左NDして合流、もしくは7:06のときにZからダメもらう覚悟でマスターに爆弾当ててダウンを取り黒本を一度逃がす、といったところでしょうか。
このあとはとりあえず落ちて覚醒ためることしか考えてないです。
7:43の覚醒中のND連はND上昇が化けてしまいました。
そしてステップの終わり際を吸われてハイメガで落ち、黒本体力251覚醒ぎり溜まってなくコスト1500。
Zの体力が177なのでこれをザクの覚醒で落とせば勝ち目がありますが、マスターの覚醒で黒本の体力が2に・・・
起爆すら怖い体力になってしまい、うまく爆弾当てられず時間かかるもコスト500で落としますが、Zの復帰位置が思ったよりも近くて対応できず負け・・・って感じですね。
後半の勝ちパターンとしては8:27の覚醒でZを仕留めることか最後に反応してシールドですかね。

黒本ザクというペアは大会での3000低コストペアの立ち回りにあわせてゆっくりと爆弾当ててコスト勝ちして戦っていくのが強いのですが、この試合ではそれを逆手に取られてしまいました。
また団体戦において順番的な優位(こちら次鋒対相手副将など)を取っているとなお強いです。
その分野試合などでは相手がリスクを犯してでもラインを上げてくるのでつらい場面が多いです。
相手への対応力という点では3000と組んだほうがいいのですが(黒本の苦手なキャラがザクで克服できない場合が多々ある)、如何せん対ザクが進んできている現状では先落ちの危険性は相当高いです。
先落ちの場合3000側が3回覚醒使えないことが多くなるのが難点ですね・・・。
ただ3回使えるのならば合計体力的にも2500とあまり変わらない(黒本1160、マスター720+480で1200)上に性能では格段に上なので、1回先落ちまでなら戦術として考えるのもありかなと最近思っています。以前は先落ちするくらいなら3000と組む戦術をたてるより違うコストでの戦術をたてたほうが建設的だと思っていたのですが。
次回は運命ザクかマスターザクの可能性が高いです。


それでは今日はここまでで



スポンサーサイト

Tag:対戦、大会  Trackback:0 comment:1 

Comment

deleted URL|
#mvcB0rpk Edit  2011.08.02 Tue16:52
スポランお疲れ様でした!

感想戦は動画を見ながら見ると、あさぎさんの考えが分かる
のでとても参考になりました。

やはり1025では特に、自分の事だけでなく相方の事も考えて動かないと駄目だという事が
あらためて分かりました。

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

asagiLAB

Author:asagiLAB
あさぎLABというネームでEXVSFBをプレイしている者です。ジオング・クシャ・ザク・GX☆5。https://twitter.com/asagi_LAB

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
5333位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アーケードゲーム
126位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。