スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

低コスト相応の立ち位置に関して

今日は
・どのようなサーチ関係にあるか
・相手と味方と自分はどのような軸関係にあるか
について述べていこうと思います。
この2つは似ているので同時に書いてしまいます。
上手い人の低コストを見ると前に出ていても減らないのに自分が同じようにやってみようとすると喰らってしまうということがあるのではないでしょうか。
それは前に出るタイミング、つまりはサーチ関係を把握していないからだと思います。

ではどのように動けばいいかというと・・・
敵A←高コスト←敵B←低コスト(自分)
というようなサーチ関係にいるときが低コストは前に出ても喰らいにくいタイミングとなります。
だから自分がロックをもらっている間は基本的に前に出てはいけません(どちらかを裁く自信があればまた別ですが)。
つまり序盤はまず相方がダブルロックを集めるまでは敵のロックを引いたら高コストの後ろに隠れるを繰り返すのが賢明です。
このサーチ関係に機敏に反応していくことで敵に追いつけない、仕事ができないというような無駄な時間がかなり減ると思います。
自分がZを使う場合はわりと顕著にそれが現れ、相手高コストに見られているタイミングでは喰らわないことのみを考えて動き、相手がサーチを変えた瞬間には前NDで連射できるように身構えています。
もちろんこれらは体力が五分のときの話であり、そうでない場合はサーチ関係なく前に出ないといけないこともあります(もしくは機体相性的に低コスと同士でやりにいかないといけない場合など)。

(以下PCで見ないとわかりにくいと思います・・・)
軸関係というのはこれを実行する際にどう下がればいいか、カットするためにはどこにいればいいか、相手を囲むにはどうすればいいかという話になります。
相手に自分からサーチを変えてもらうということは相方の高コスとにサーチが変わるということです。
つまり下がるときは自分 敵A 相方という位置関係(軸が合っている状態)のときも敵Aの上か下をくぐるかして相方のうしろにさえ行けば(たとえブースト管理的にリスクが大きくても)相手はサーチを変えざるを得なくなります。
                      敵A      
だから軸としては上記のようにあるべきで、自分    相方 という状況は相方がカットもしづらく、通り抜けるのも難しくなってしまいます。
また、下がった後のカットを考えると軸関係は敵A 相方 自分 であるべきであり、これを敵Bが相方に行っても対応できるように意識しておくことが大事です。
これは攻めの観点になり難しいので余談程度ですが、これを考えると相手を囲むときは、
 自分
敵A    敵B というL字を取ると相手は逃げられないしカットもされにくいです。
  相方

軸の話は感覚的な慣れと経験の部分が大きいのでこの話だけではわかりにくいとは思いますが、リプレイ見て逃げられてないな、カットできてないなと思ったらこのことを少し気にして見てみてください。


では、今日はここまでで


※色々な方々の宣伝のおかげでアクセスが増えています。ありがとうございます。
何か感想、挨拶、質問等があったら気軽にコメントください。
読んでくれてることが伝わってうれしいです。

スポンサーサイト

Tag:低コスト講座  Trackback:0 comment:1 

Comment

 URL|
#AHVj/Ndg Edit  2011.09.15 Thu01:07
ブログ観覧しました。
EXVS始めたばかりで、ただやってるだけでしたけど、このブログ見て体力調整や覚醒の重要さがわかりました。

ただ、まだ始めたばかりでどれがいい気体なのかがわからないし、対人戦もやったことないのでいまいち状況がわかりません;w;

初心者が使うとしたらどれがいいんですか><?
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

asagiLAB

Author:asagiLAB
あさぎLABというネームでEXVSFBをプレイしている者です。ジオング・クシャ・ザク・GX☆5。https://twitter.com/asagi_LAB

訪問者
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
3837位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アーケードゲーム
79位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。